令和3年度がスタートしました。

ご入園・ご進級おめでとうございます。

暖かく気持ちの良い風が吹く日々になりましたね。

隣の公園の桜も満開で、吹雪く桜の花びらがとても綺麗です。

新しい環境に期待と不安でわくわくソワソワしている子ども達が、毎日元気に過ごせるように美味しくて栄養たっぷりの給食づくりを心がけてまいります。


旬の食材を多く使用し、硬さや大きさなど年齢に合った食材の形状で提供します。

お出汁は手作りしており、毎朝こんぶとかつお節でお出汁を取ります。

合わせ出汁の良い香りが広がります。




お野菜いっぱいのスープでも出汁がきいていることで、素材の味が生かされます。

しっかりと煮込み、旨味たっぷりのスープは完食してくれる子が多いです。

今日は、春キャベツ・大豆・ちくわ・卵を使ったスープでした。


子どもの味覚は成長と同時に形成されていきます。

甘味・塩味・うま味は人間が本来好む味ですが、経験のない子どもには苦手な味になりやすいです。

今は、味覚が形成される重要な時期ですので、いろいろな素材と味に慣れ、味覚の幅を広げていくことが大切です。

薄味を基本にして、素材そのものの味を大切に、多くの味の経験が「おいしい!」感覚を作っていきます。




毎日の給食は事務室の前に掲示しています。




みんなで食事することの楽しさに興味が広がるよう、食育活動進めさせていただきたいと考えています。

今年度も1年どうぞよろしくお願いいたします。


ブログ担当 調理室 よしみ先生